九十九里・不動堂海岸の星空

3/24深夜.九十九里・不動堂海岸の星景撮影の記録.

f:id:strkm12:20180326010350j:plain

 

雲が空を覆う日の多いこの頃だったが,

GPVによると深夜から翌明け方にかけて房総半島は快晴予報.

がっつりカメラに触れる機会も最近無かったので,

久しぶりに星景の撮影に出かけようと考えた.

どこに行こうかと悩んだとき,先月に行った九十九里東浪見海岸を思い出した.

南から東の空を望む上で,東浪見海岸はピカイチのロケーションだった.

ただ,鳥居と星空を絡めて撮影できる有名スポットでもあり,

この日も少なからず撮影者がいた.

 

撮影もそうだが,星を眺めながらのんびりしたいという魂胆もあり、、、

もう一度GPVを見ると,県北に雨雲がかかりそうなものの,

北東から南の空は快晴予報だったので,同じ九十九里浜の別の海岸に行くことに.

Google mapとにらめっこした結果,不動堂海岸に行くことにした.

 

 

千葉市街から千葉東金道路を経由し,1時前に現地着.

思い通りの星空が見え一安心.早速撮影に入る.

 

準備中に気づいたが,時折北の空がフラッシュする.

どうやら県北の雨雲は雷をもたらしているようで,稲妻が遠目に見えた.

f:id:strkm12:20180326011426j:plain

遠目に稲妻,頭上には満天の星空.

なかなか非日常的な光景に,思わずカメラを向けた.

下の画は,この画像を含む30s×60枚の比較明合成である.

f:id:strkm12:20180325235710j:plain

 

 

2時過ぎ,海岸正面の空に天の川.

f:id:strkm12:20180326002911j:plain

天の川の撮影は,先月の東浪見海岸が初めてだった.

ゆえに今回も,色々な構図で手探りで条件を変えつつ試してみた.

f:id:strkm12:20180326002933j:plain

前の画よりやや南の方角.中央右にさそり座.右上に輝くのは木星

 

f:id:strkm12:20180326021503j:plain

3時半頃から急激に冷え込み,レンズが結露し始める.

眠気もピークだったので,このあたりで帰路に就いた.

 

 

初訪問の不動堂海岸での撮影だったが,東浪見海岸と同等の星空を望むことができた.

天の川撮影に関してはまだまだ初心者なので,機材の限界を見極めつつ

色々な画にチャレンジしていきたいなと思う.

 

 

f:id:strkm12:20180326002948j:plain

小休止のカレーめん.1500円.

 

◇撮影機材

Nikon D5100

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM